« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月30日 (火)

御岳山のレンゲショウマ

御岳山のレンゲショウマが盛りだと聞いたので、出かけてみる。

JR青梅線の御嶽駅_034 に。10年ぶりぐらいだろうか。特徴ある駅舎(写真)がなつかしい。

そこから、バス、ケーブルカー(写真)_001 リフトと乗り継いで、大展望台駅へ。奥多摩の山々も美しい(写真)。_003

ウイークデーであったが、多くの人々でにぎあう。
駅から5分ほどで、レンゲショウマの群生地である。先日の台風にも負けずに、山肌一面にその可憐な姿をみせていた(写真)。_014 _013 _007

(他の写真はマイフォトに収めました)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

飲み放題、食い放題

旅行社の「生ビール飲み放題、握り寿司食べ放題」の企画に誘われて、23日に神奈川、静岡と回ってくる。

最初は金太郎の里南足柄市にあるアサヒビール神奈川工場。広々とした敷地の中の近代的な工場である。若いお嬢さんガイドが熱心に説明してくれるのも嬉しい。
その中でビールの貯蔵タンク(写真)_003 の話はユニークであった。
このタンクひとつから350mlのカンビールが145万本とれるという。
では、これを毎日一本ずつ飲んで、このタンクを空にするには何年かかりますか、との問い。思わず考えるも、すぐには答えはでない。
何と3900年とのこと。いくらビール好きのGさんでも、これは無理だなと苦笑してしまう。
それから、工場全体が周りの自然との共生をはかっているというのも好感がもてた。
敷地内には自然がいっぱい。フヨウも元気な姿を見せていた(写真)_006
作りたての生ビールのうまかったこと。

小田原から元箱根に。今月31日で廃業される駒ケ岳ケーブルカーに乗る。乗客の減少で廃止されるというのも、何とも寂しい(写真)。_011
ケーブルカーからのゴルフ場の眺めもきれいだったが(写真)。_013 
5分で山頂に。
澄んだ空気を吸いながらの散策である(写真)。_016

あとは沼津の寿司店(写真)_020 に。食べ放題といってもそんなに食べられるものではなかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

那須高原と飯坂温泉

盆休みに娘一家と那須に向かう。婿殿の計画である。なぜか彼は私と一杯やるのが好きである。もちろん私も好きであるが。いつもそばで、かみさんはオロオロ。「大丈夫ですよ。何かあったら私が手術しますから」。ちなみに彼は外科医である。「冗談じやーない。俺は医者は大嫌いだ」、そんな話をしながら宿に着く。
別荘地の中のペンション風の旅館である(写真)。_014
アットホームな雰囲気で気に入る。食事も真心がこもった手作りで、孫達も喜ぶ。お勧めの宿である。二人で痛飲。

翌朝近くを散策。緑の空気が何ともおいしい。トンボも肩に止まって歓迎してくれる(写真)。_029
広々とした那須の子供中心とした施設を回る。途中「戦争博物館」(写真)_062 なるものをみつけ、車を止めてもらって見学。たいへんな資料が展示されていた。
Gさんの空襲体験を改めて娘夫婦や孫に話してあげる。

福島の飯坂温泉に。露天風呂につかり、疲れをとる。
翌日は、会津若松の鶴ケ城(写真)_068 を見学。天守閣からの眺めも格別であった(写真)。_037
正面は飯盛山か。

足をのばして、阿武隈洞 まで。Gさんはバテ気味だったが、これも孫のため。洞内のヒンヤリした空気に活気づく。
素晴らしい鍾乳洞(写真)_002 に孫も喜ぶ。

帰りは渋滞で御前様となったが、楽しい旅であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

ヒマワリとサギソウ

ネット情報で、昭和記念公園のヒマワリが15日に刈り取られるとのことで、あわてて遅咲きのものを撮りに行く。夏の日を浴びてきれいに咲き競っていた(写真)。
_030

ちょうどサギソウも可憐で神秘的な姿をみせており、しばし自然の摂理に感動でした(写真)_004

(他の写真はマイフォトに収めました)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »