« 山陰・山陽の旅(10日) | トップページ | ネモフィラとつつじ(30日) »

2008年4月21日 (月)

穀雨(20日)

008  二四節気で、穀雨。
 このころ、太平洋の方から水蒸気を含んだ空気が流れ込む量が増え、低気圧が通る時にはかなりの雨が降る(18日がそうだった)。
 穀雨とは、百穀を潤し、芽を出させる春雨、とのことだそうだ。
 朝からパラパラと小雨も落ちていた。

 この日は、川柳の会の例会日。
     友が逝く野辺の送りに桜咲き
先月逝った友を詠んだが、Rさんに秀句に抜いてもらった。
Rさんの暖かい気持ちを嬉しく頂戴したが、昨年の暮れに楽しく一杯やった友だけに、心の痛みを禁じえなかった。

 ところで、日銀の総裁、副総裁が衆参両院の承認人事とは知らなかった。
これまでも両院で採決が行なわれたであろうが、政府提案通りの形式的なものであったのだろう。
ところが、”ねじれ国会”でこの人事案件もクローズアップされた。これまで目にみえなかったものが、明るみに出される、これは多としたい。
が、その後の民主党のかたくなまでの姿勢はいかがなものか。
第三案については党内では容認論もあったと聞く。それが、党内結束のための否決ということになると、首をかしげたくもなる。参院での責任政党であるという自覚は持っていると思うが。
     日銀は党利の前にすべもなく

 今日の朝刊でA紙は、内閣支持率25%に急落、との世論調査結果を載せていた。
「道路、医療、年金」とむべなるかなである。
政府は道路特定財源の一般財源化を打ち出し、政権の浮揚を図ったが、ガソリン税の暫定税率の復活をにらみながらでは、墓穴を掘るようなもの。
受益者負担の原則から始まった暫定税率である。それが一般財源化ということになれば、税の公平負担から言っても矛盾してこよう。これを政府はどう説明するのか。
ここはひとつ、早急に真の民意を聞く必要があろう。
     与野党は党利党略民不在
 は御免こうむりたい。

 知人から頂いたクローバーが青々と元気な姿を見せているのが、せめてもの救いである。

    

|

« 山陰・山陽の旅(10日) | トップページ | ネモフィラとつつじ(30日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/40948956

この記事へのトラックバック一覧です: 穀雨(20日):

« 山陰・山陽の旅(10日) | トップページ | ネモフィラとつつじ(30日) »