« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月23日 (木)

秋分(23日)

 暑さ寒さも彼岸までーうまいことを言ったものだ。
 今日はその彼岸の中日。24節気の秋分でもある。
 この日の東京地方は昨日の真夏日とは打って変わって朝から雨。肌寒いような一日であった。

 昨日は「多摩旅行センター10周年記念特別企画」と銘打ったバスツアーに出かけた。
 特別企画だけあって盛り沢山のツアーであった。
 まず東京湾アクアラインの海ほたるで休憩の後、館山道を走って袖ヶ浦市の東京ドイツ村に。027
 敷地面積27万坪と東京ドームの27倍の広さとか。芝生の丘を中心にボート池、フラワーガーデン、子供動物園、、、と広々とした施設がいっぱい。
 芝生広場向かいの斜面には約5万株のペチュニアが005 011 015    白とピンクの花を一杯に咲かせていた。ちなみに、この花の花言葉は”あなたといると心休まる”というそうだ。
 バスは近くの農園に。029 ここでは旬のさつまいも掘りが用意されていた。採れたものは持ち帰りできるということで、軍手をはめたお母さん連中が懸命に芋ほりに取り組んでいた。
 次いで、酒蔵で地酒の試飲。ずらりと並んだボトルを一回りするといい気持ちになってきた。
 バスは館山港に。ここでは魚介類の接待が待っていた。036 車えび、サザエ、はまぐり、カニ汁、、、と新鮮な海の幸に舌鼓を打った。
 満腹の後は、マグロの解体ショーの見学。054 65キロのメバチマグロがあっという間に解体され、即販売と相成った。大トロ、中トロ、赤みと指一本の部位の違いで値段も5千円からの違いになるそうだ。
 千葉名産の落花生のつかみ取りの後、063 再び海ほたるに寄って買い物をしての帰路となった。
 ちなみに、この日の走行距離は340キロ。バスとグルメを堪能した一日であった。  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

白露(8日)

 今日8日は24節気で白露。秋の気配が濃くなり草花に露が付くと言われている。008
 たしかに、この日の東京地方は昨日の猛暑日とは打って変わって朝から雨。ほっとしながら暦通りかな、と思ったがさにあらず。台風の影響なのである。でも、窓から入る涼風はなんとも心地良い。

 当分残暑も続きそうだが、民主党の代表選びも熱くなっている。単なる代表選びだけでなく、今回は「首相選び」だけに、いやがうえにも関心が高まる。菅総理も「どちらが首相にふさわしいか国民に選んでもらう選挙である」とも言っている。当を得た発言である。
 が、今回の選挙は一政党の代表選びであり、党員でもサポーターでもない私などには選挙権はない。一部の選挙で一国の総理まで決まっていく制度に何かしら矛盾を感じてしまう。
 議院内閣制のもとでは第一党の党首が内閣総理大臣になる。昨年の総選挙で国民は民主党を第一党に選び、党首の鳩山さんを総理大臣に選んだ。しかし、いろいろな状況の中で鳩山さんは辞めていったわけだが、やはりその時点で次の総理を選ぶ選挙、つまり総選挙を行なうべきではなかったか。
 いったん手に入れた衆議院第一党の特権(最長4年間だが)をかさに、民意が反映できない首相のタライ回しはいただけない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

通院日

 通院日にて暑い中病院に向かう。
 先週受けたCTの結果も聞きに。
 CTはこれまでのレントゲンと同じ結果で変化なし、とのこと。主治医は「休眠状態が続いています」と何やら微妙な言い方。「目が覚めることもあるんですか」と聞こうと思ったがやめた。

 やはりTS-1(抗がん剤)が抑えているのであろうか。
 TS-1は他の抗がん剤と比べて副作用が少ないと言われているが、やはり”毒”には変わりない。食欲減退(この暑さにもよるが)、その結果の体重微減が続く。
 先生も「がんが治っても、抗がん剤の影響で体力が衰えて、寝たきりになってしまったら元も子もない」と言う。たしかにその通りであろう。生活の質を保ちながらのがんとの共生、難しい問題であるが自分で克服していかねばなるまい。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »