« 立川フラメンコ | トップページ | 小満(21日) »

2011年5月 6日 (金)

立夏

24節季で立夏 夏の気配が現れてくる頃
新緑の季節である 
九州では麦が穂を出し 北海道は馬鈴薯や豆の種まきが始まる003
我が家のベランダも 例年のことながらクンシランが綺麗に咲き誇っている

5日付けの朝日新聞の川柳欄にこんな句が載っていた
    老いの身を急かすが如くはや立夏
時の流れの速さを感しているのは作者ばかりではないようだ
年取ると 如実にそれを実感する

また この時期 北日本ではようやく桜が満開になる
被災地からの花の便りも届いてくる
      年々歳々花相似たり
         歳々年々人同じからず
こんな漢詩の情景が頭をよぎる
人の世の無情を痛いほど感じてしまった朝である

|

« 立川フラメンコ | トップページ | 小満(21日) »

コメント

 おお、もう立夏なんですねー。
 寒い、寒いと思っていましたが、やっと暖かくなってきた感じです。そろそろ冬物を仕舞わなくては。
 クンシラン、きれいに咲いていますね。
 私は、今日はきれいな花壇や藤の花を見てきました。

投稿: マサエ。 | 2011年5月 6日 (金) 15時31分

ほんと、月日のたつのの速さをしみじみ実感します。
 つい先頃まで寒さで震えていたと思っていたんですが。
 こんなことをしながら、馬齢を重ねていくんですね。

投稿: KUBO | 2011年5月 6日 (金) 20時11分

こんにちは。
こちらはまだ寒い日が続いているので、立夏だなんて信じられません。今は桜やチューリップが咲くのを待っている所なんですよ。
今年も自然に寄り添いながら生活したいと思っています。
我が家の君子ランはそろそろ花が終わります。

投稿: そなた | 2011年5月 7日 (土) 11時18分

 親子水入らずの旅、さぞかし楽しかったことと思います。
  
 そちらは春の花々はこれからですよね。
 待ち焦がれていることでしょう。

投稿: KUBO | 2011年5月 7日 (土) 21時03分

夏も近ずく八十八夜というのに原発の垂れ流しでお茶が心配らしいですね。これから日本はどうなっていくのでしょうか?とても不安です。

被災地に祈る事しか出来ぬ老い

投稿: とも子 | 2011年5月15日 (日) 23時06分

とも子さん 今日は。
 昨日句会に行ってきました。
 会員が一人増えました(男性)。
 今日は通院日でこれから病院に行くところです。

   亜硫酸ガスにかわって放射能
 ほんと、これからの日本、どうなっていくんでしょうかねー。

投稿: KUBO | 2011年5月16日 (月) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/51593288

この記事へのトラックバック一覧です: 立夏:

« 立川フラメンコ | トップページ | 小満(21日) »