« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月26日 (土)

遠州三山紅葉めぐり

 「遠州三山紅葉めぐり」と銘うったバスツアーに参加した。005
 天気は上々、東名裾野あたりから冬化粧をした富士山がクッキリ。
 ところが、お目当ての紅葉はいまいち、今年の紅葉は不作のようだ。

 <法多山(はったさん)尊永寺>018 007 017
 掛川ICから15分。
 725年に建立された高野山真言宗の古刹。厄除け観音としても知られ、くしに刺された厄除けだんごは有名。シンボルである本堂までは230段の石段を登らなければ。歩きなれぬ爺さんの足はガクガク。

 <可睡斎(かすいさい)>036 026 028
 室町初期に開かれた曹洞宗の名刹。10万坪の敷地を誇る。
 奥の院の手前に小さな洞穴がある。戦国時代に武田勢に追われた徳川家康がこの寺の洞穴に隠れて、九死に一生を得たという。以降家康は戦国大名の中で唯一武田信玄だけは恐れるようになったとか。

 <油山寺(ゆさんじ)>037 033
 1300年前に開山された真言宗の古刹。昔この山から油が 出ていたので通称「あぶらやま」と呼ばれた。
 目の霊山として広く信仰を集めている。境内には約1000本のもみじがあり、紅葉の名所としても知られているが、、、

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月22日 (火)

高幡不動尊のもみじ

 「もみじまつり」が開かれている高幡不動尊に出かけた。
 このお不動様、境内の裏手は小高い山になっており、6月はアジサイでも有名である。
 ところで、お目当ての紅葉はやはり早すぎたか。まだほんの2割程度。五重塔に映える紅葉、とはいかなかった。
020 011
 3万坪の敷地に約1000本のもみじが色づくと見事なものである。
 名物の「たかはたまんじゅう」を求めて、早々と帰路についた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

晩秋の昭和記念公園

 昭和記念公園のイチョウの黄葉が見頃と言うので出かけた。
 ここは都内で一番早く黄葉が見られることで知られ、半月は早いそうだ。
 秋晴れの中、公園のシンボルであるカナール(運河)の両側に4列にわたりイチョウの黄葉が見頃を迎えていた。012       
013027
 黄金の絨毯を踏みしめながら、しばし晩秋の空気を味わった。
 ここのイチョウの上空は航空制限のため、高さを一律(7m)にカットしてあるのが特徴。野趣はないが、人工的な面白さも感じられる。
 一休みしたあと、園内を散策。深まる秋の気配を肌で感じた一日であった。001 045 043

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

立冬

今日8日は24節気で立冬
初めて冬の気配が現れてくる日 とある
暦に合わせたかのように この朝列島各地はことのほか冷え込んだようだ
 
東北各地の復興は遅々として進まず 欧州を中心とした世界経済の暗雲は立ち込めたままだが 季節の移ろいだけは確実に歩を進めている

<すきとおった風の中で自然は色づき 寂(さ)びていく>(6日付け朝日天声人語)
しばし秋の風を味わってみよう11117akino_002 11117akino_005
ベランダのホトトギスは秋をいっぱいに呼吸し 窓からは晩秋が覗く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »