« がんとの共生(12月) | トップページ | 初詣 »

2011年12月31日 (土)

おもっせ

 おもっせー郷里の甲州弁で、大晦日のことである。おやじがよく使っていたのをフト思い出した。

 ”未曾有”という言葉をこんなに沢山読み、聞いた年は無かった。
 その年も間もなく終わる。
 あれから九ヶ月以上たったこの日の朝刊も
   被害者数 死亡15,844人、行方不明3,451人
       警察庁調べ(30日現在)
 の記事が続く
 その一人ひとりにそれぞれの人生があり、その何倍もの人達が言い知れぬ悲哀をかみ締めていることだろう。
 思い起こすと、非力な老人はただただ祈りを続けることしかできなかった日々であった。でも、その祈りがいずれは通じていくことを信じたい。

 個人的には、患って3回目の正月を迎える。
 抗がん剤を中止して7ヶ月、体調は良い。
 抗がん剤による抹消神経障害の手足のしびれ、難聴、放射線による唾液腺の萎縮などの後遺症は続くが、日常生活に大きな支障はない。やはり、こうした生活ができることへの感謝の念しきり、である。

 皆様、どうぞ良いお年を。

|

« がんとの共生(12月) | トップページ | 初詣 »

コメント

「おもっせ」優しい響きの言葉ですね。
厳しかった農作業が終わり、収穫と家族の健康を神仏に感謝する気持ちを表した言葉の様に受け取れます。
KUBOさんも3回目の正月を迎えるんですか。副作用の辛さも続いている様ですが、取り敢えずは病との共生ですね。
来年も平穏な1年になりますようにお祈り致します。

投稿: ソナタ | 2011年12月31日 (土) 13時39分

 ソナタさん 今晩は。
 コメント、有難うございます。
 年の瀬ですね。
 そちらは雪の中の大晦日だと思います。
 来年も宜しくお願い致します。

投稿: KUBO | 2011年12月31日 (土) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/53614771

この記事へのトラックバック一覧です: おもっせ:

« がんとの共生(12月) | トップページ | 初詣 »