« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月20日 (金)

初雪

 この朝、東京地方に初雪があった。007
平年より17日遅いそうだ。
と言ってもほんのり白くなる程度。
 北海道岩見沢市の194センチとは比べものにならない。札幌市郊外に住むメル友も除雪の大変さに悲鳴をあげていた。
 一方沖縄本部町の八重岳ではカンヒザクラが三分咲き。「ひとあし お咲きに」をキャッチフレーズに「本部八重岳桜まつり」が開幕するそうだ。
 日本列島の長さを想像してしまう。

 ところで、明日21日は24節季で大寒。
 寒(小寒から立春)の中日で、一年で最も寒い時期である。
 寒気を利用した食物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌)などを仕込む時期にも当たる。
 今夜あたり、凍り豆腐の煮付けで熱燗、といってみるか。  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月13日 (金)

青梅だるま市

 この朝は今期一番の冷え込みとなった。東京・奥多摩町では最低気温が零下5・2度まで下がったそうだ。
 厳しい寒さの中だったが、冬晴れの中、青梅市のだるま市に出かけた。002
 室町時代に端を発する伝統ある市だそうだ。毎年曜日に関係なく1月12日と決まっている。
 一般にだるま市と言うと神社や寺の境内で行なわれるのが普通だが、ここでは街道で行なわれる珍しい市である。006 017
 だるま屋をはじめ250軒を越える露店が旧青梅街道をはさんでズラリと並ぶ。新春の風物詩である。
 以前来たのはたしか孫坊主が中学受験で合格祈願のだるまを求めたことを思い出した。その坊主もこの4月で高2、爺さんも年をとるのもあたりまえだ、と妙なところで合点した。007
 レトロの雰囲気がいっぱいの街中をだるまを眺めながら散策を楽しんだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

初詣

 東京・日野市の高幡不動尊に初詣に出かけた。001 012_2
 一年の息災を祈る。
 昨年の大震災で壊れた不動尊のシンボルである五重塔もすっかり修復が終わり、てっぺんの飾りも澄み切った冬空にキラキラと金色に輝いていた。

 6日は24節季で小寒。「寒の入り」である。
 東京地方は朝から冬晴れ。
 この日から節分(春分の前日)までが「寒」である。
 冬の寒さが一段と厳しくなる時期である。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »