« 三寒四温 | トップページ | 春分 »

2012年3月11日 (日)

あの日から1年、、、

 死者1万5854人、行方不明者3155人、、、
 あの日から1年たった平成24年3月11日付け朝刊に載った数字である。
 あの瞬間までその一人一人にそれぞれの人生があったはずである。
 瞬く間に1年が過ぎた

 この日東京・千代田区の国立劇場で政府主催の追悼式が行なわれた。
 心臓のバイパス手術を終えられたばかりで療養中の天皇陛下もたっての希望で出席された。016 (写真=NHKテレビより)
 思えば両陛下は高齢をおして何度被災地に足を運んだことか。ひざまずいて被災者を励ますお姿に胸が熱くなるのを覚えたものだ。

 時は経っていくが、被災者は「あの時から時間が止まってしまった」と言う。愛するものを失った血がでるような叫びであろう。
 癒しの時が一日でも早くくることを祈らずにはいられない。

 

|

« 三寒四温 | トップページ | 春分 »

コメント

地震国日本にいて、いつ大地震が起き、自分も巻き込まれないとも分からない。
日頃からの防災意識や備えと、日々心の赴くままに精一杯生きて、悔いをできるだけ少なくして置きたいものと思っています。
しかし、どんなに頑張って見ても限りはあるし、残る者にとって人間関係が断たれることの深い悲しみは残るんでしょうね。

投稿: sonata | 2012年3月12日 (月) 08時59分

 ほんと、日本列島ほ全国どこでも地震の恐れはありますね。とくに首都圏ではM7クラスの地震が起きる確率は4年以内に70%、などという推計もあります。
 こればかりは防ぎようがありませんね。それもいつ、どこで起こるかもわからない、、、そんなことを考えたらきりがないですね。
 まー、起きたら起きた時と思わざるをえませんね。

投稿: KUBO | 2012年3月12日 (月) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/54197071

この記事へのトラックバック一覧です: あの日から1年、、、:

« 三寒四温 | トップページ | 春分 »