« 句会から | トップページ | 房総廻りツアー »

2012年6月30日 (土)

青梅吹上しょうぶ公園のハナショウブ

 青梅市の吹上しょうぶ園のハナショウブが見頃を迎えた、と言うので出かけた。003
 青梅市街の北方に広がる霞丘陵の一角の公園。貴重な谷戸地を保全する目的で公園が整備された。
 谷戸地と言うのは丘陵地帯に自然にできた谷状の地形のことで、水の流れの関係で湿地帯になることが多い。このため、多様な生物や植物が繁殖する貴重な生態系である。青梅市はこうした自然環境を生かしてショウブを中心とした公園作りをしている。058036_2

  •  21ヘクタールの広い公園には200種、10万本のハナショウブが次から次と咲き揃う。
     園内には木道が設けられており、咲き誇るハナショウブと緑濃い里山の風景を眺めながら、ゆったり散策を楽しんだ。いくつかのショウブを並べてみた。042 043 049 050 051 055

|

« 句会から | トップページ | 房総廻りツアー »

コメント

広大な菖蒲園ですね~。
菖蒲の花も良いけれど、湿地帯?に造られている遊歩道を歩きながら鑑賞するのはいいなと思いました。

所でここは菖蒲の時期が終わったら、何か別の花が咲くんですか。この広さを考えると、1時期だけの庭にするのは勿体無いと思ってしまいます。

投稿: ソナタ | 2012年6月30日 (土) 17時54分

貴重な谷戸地を保全するためにつくられた公園のようです。産業廃棄物の捨て地だったのを市が買い取って公園にしたそうです。
秋には彼岸花、また絶滅危惧種と言われているフジバカマやアサザの保護育成も行なわれているそうです。

投稿: KUBO | 2012年6月30日 (土) 22時17分

KUBOさん おはようございます。
なんとか引越ししました。

青梅市の菖蒲園すばらしいですね。
青梅といえば青梅マラソンが有名ですが
こんなすばらしい公園を
保全しているのですね。

青紫の菖蒲が咲いているのを見かけると
つい振り返ってしまいますね。

投稿: ruca | 2012年7月 3日 (火) 07時35分

引越しが終わりましたか。
落ち着くまだ何かと後も大変ですね。
でも、新しい環境で楽しみも多いことでしょう。
昨日バスツアーで千葉の房総を回ってきました。

投稿: KUBO | 2012年7月 4日 (水) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/55086168

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅吹上しょうぶ公園のハナショウブ:

« 句会から | トップページ | 房総廻りツアー »