« 寒露 | トップページ | 通院(10月) »

2012年10月11日 (木)

東京駅丸の内駅舎の復原

 東京駅丸の内駅舎の復原工事が完成、さる1日から営業を始めたというので、検査通院の帰り道のぞいてみた。023 009

 うわー、まさに”威風堂々”とはこのことか、と思える光景に思わず息をのんだ。
 周囲の高層ビルを威圧するような存在感。
 1914年(大正3年)の建築当時の赤レンガの姿がそのまま再現されていた。総工費500億円、約5年の歳月がかかったという。028

 駅の正面は皇居で、皇室のための駅でもあった。したがって、中央口は貴賓用で皇室しか使えず、普段は閉められている(写真)。完成後のさる6日、両陛下が「お召し列車」で視察のため山梨に行く際、初めて使われたという。

 空襲で失われた南北ドームも開業当時の風格ある美しい姿に再現されている。030
 3階と天井は干支や花飾りのレリーフ、ワシの彫刻など、見事な造形が蘇っている。

 東京のど真ん中に”大正”が再現されたのは、何とも喜ばしいことである。
 国の重要文化財だが、「世界遺産」の声もかかることであろう。

|

« 寒露 | トップページ | 通院(10月) »

コメント

こんにちは♪
本当に素晴らしい芸術的な駅舎によみがえりましたね。
大正時代の建築家の想像力が素敵です。
その内、是非見たいと思いました。

投稿: ソナタ | 2012年10月15日 (月) 11時03分

ソナタさん 今晩は。
なかなか立派に仕上がっていました。
明治、大正の文化には現代にはない味がありますね。

今度は韓国でしたか。
ゆっくり読ませてもらいます。

投稿: KUBO | 2012年10月15日 (月) 19時58分

隆様 東京駅まで見にいらしたのですね。検査の結果もよくて足を伸ばしてよかったですね。東京駅一度泊まってみたいですね。

投稿: とも子 | 2012年10月17日 (水) 11時31分

とも子さん コメント、有難うございます。
検査も異常がなく、ホッとしました。

東京駅も立派な外観でした。
ステーションホテルも魅力ですね。
松本清張の「点と線」のヒントになった部屋とか、一泊80万円の部屋とか、話題も事欠かないようです。

投稿: KUBO | 2012年10月17日 (水) 19時51分

隆様 日光へは今朝お出かけでしたの?お早いお帰りでしたね。紅葉は見事でしたか? 昭和公園では箱根駅伝の予選会があったらしいです。
今日は素晴らしいお天気に恵まれました。

投稿: とも子 | 2012年10月20日 (土) 15時33分

とも子さん 今晩は。
日光は昨日(19日)でした。
昭和記念公園もぼつぼつコスモスが見ごろのようです。

投稿: KUBO | 2012年10月20日 (土) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/55866402

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅丸の内駅舎の復原:

« 寒露 | トップページ | 通院(10月) »