« 昭和記念公園のイルミネーション | トップページ | 大晦日 2 »

2012年12月31日 (月)

大晦日

 今年も大晦日を迎えた。
 毎年思うことだが、月日の経つのの早さをまたしても実感してしまう。
 活気にあふれた毎日で、月日の経つのを忘れるほどであったのか、それとも、同じような毎日のくりかえしで、あっというまに月日が経ってしまったのか。
 昨年の今日、ブログに「おもっせ」、を書いたのがついこの間のような気がしているのだが。

 ところで、恒例の今年の漢字は「金」。
 爺さんにとっては、メダルにもお金にも縁が無かった一年であったが。
 そんなわけで、個人的にゆく年を振り返ってみた。

 やはり、生活の中心は、3年半前に発病した病との”闘病”であった。闘病と言っても二ヶ月に一度の検査通院だけで、今は何もしていないが、やはり意識の大半はこの二字が占めていたように思う。
 そこで、記録のためにも”闘病”一年を振り返ってみた。

2.6 今年初の通院である。
血液腫瘍科のM先生、頭頚科のK先生。いずれも異常なし。亜鉛不足気味と言うことで薬を処方してもらう。

3.15 消化器内科のF先生。ピロリ菌除去の薬をもらったが、身体に合わず中止。私ぐらいの年齢になると、ピロリ菌を持っている人がけっこういる、とのこと。様子をみることに。11月の胃カメラの予約。

4.2 4ヶ月ぶりのCT検査。M先生とK先生。肺、頭頚部とも異常なし。

4.16 右肩から腕にかけての痛みがなかなかとれないので、M先生に話し、ガンマーカメラによる骨シンチ検査を受ける。やはり、ちょっとしたことでも、何か悪いほうに考えてしまう。検査の結果、骨には異常なしとのこと、安心する。

6.4 K先生。鼻からの内視鏡検査の結果、異常なし。

6.11 M先生。抗がん剤を止めて一年になる。血液検査も異常なく、本日で血液腫瘍科の診察は終わりになる。M先生にはお世話になった。特に抗がん剤の中止を指示してくれたことは、今考えると大きなプラスになっている。感謝あるのみ。

8.6 主治医のK先生は移動になるとのこと。短い間であったが、お世話になった。K先生も、M先生もがん研の先生方はほんとに親身になってくれる。やはり、先生との信頼関係がなによりの療法なのかもしれない。

10.10 肺のCT検査。

10.12 造影剤を使っての頭頚部のCT検査。

10.15 新しい主治医のS先生。先日のCT検査の結果、頭頚部のものはほとんど消えているとのこと。なんというか、ほんとに救われた気持ちになる。

11.5 胃、食道の内視鏡検査。

11.15 消化器内科のF先生。異常なしとのこと。やはり、ほっとする。一年後の内視鏡検査の予約。

12.10 S先生と。本年の通院は終わる。四度目の正月を迎えられることに感謝あるのみである。    

|

« 昭和記念公園のイルミネーション | トップページ | 大晦日 2 »

コメント

胃、食堂、肺、頭頸部、色々と検査をして全て異常なし… 本当に救われた気分ですね!
しかも頭頸部は消えているなんて、びっくりですね。
だからやはりKUBOさんも「金」だった1年ではないですか。おめでとうございました。

ところで「亜鉛不足」とありますが、味覚異常でもあったのですか。それとも血液検査でですか。

この1年、美しい季節の花や光景を見せてくださって有難うございました。
来年も宜しくお願いいたします。
良い年を迎えてください。(*^_^*)

投稿: ソナタ | 2012年12月31日 (月) 13時53分

ソナタさん コメント、有難うございます。
そう言われてみると、たしかに立派な「金」ですね。今、気づきました。
つい、目先のことだけに目がいってしまい、お恥ずかしいかぎりです。
亜鉛不足はおっしゃるように、味覚異常です。放射線の後遺症です。

ソナタさんはいろいろな国を回って、実りある一年だったことでしょう。
どうぞ、よいお年を。
来年もよろしくお願いします。

投稿: KUBO | 2012年12月31日 (月) 18時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/56433834

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日:

« 昭和記念公園のイルミネーション | トップページ | 大晦日 2 »