« 句会から | トップページ | 昭和記念公園のチューリップ »

2013年4月 4日 (木)

青梅・梅岩寺のしだれ桜

 昨日は”花に嵐のたとえもあるさ さよならだけが人生だ”を地でいったような「花泣かせ」の一日であった。
 一転、今日は朝から素晴らしい晴天。
 花はまだしがみついているかな、と願いながら青梅梅岩寺の枝垂れ桜を見に出かけた。

 真言宗の古刹、本堂前に樹齢150年のエドヒガンザクラが凛として立っていた。001 003

 盛りは過ぎた感じだが、嵐にもめげずにしっかり花をつけていた。
 関東でも代表的な名桜、とのことだ。006
020 016
 うす紅色の花枝を幾重にも垂らしている姿は何とも美しい。
 のどかな昼下がりであった。

明日は24節気で清明。
 草木の花が咲き始め、まさにすがすがしい、と呼ばれるにふさわしい季節の到来である。
  

|

« 句会から | トップページ | 昭和記念公園のチューリップ »

コメント

ようやく桜花が咲き誇る良い季節が来ましたね。
このしだれ桜、花も豪華ですが、私は幹と枝の立派な逞しさに魅せられました。
この木の様にまた1年、元気で過ごしたいですね。

投稿: ソナタ | 2013年4月11日 (木) 08時39分

ソナタさん 今晩は。
そちらはあと2週間ぐらい先でしょうか。
こちらはもう葉桜です。
今年も又、色々な花に挑戦したいと思っています。

投稿: KUBO | 2013年4月11日 (木) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/57103914

この記事へのトラックバック一覧です: 青梅・梅岩寺のしだれ桜:

« 句会から | トップページ | 昭和記念公園のチューリップ »