« 夏至 | トップページ | 小暑 »

2013年7月 1日 (月)

府中・郷土の森のあじさいまつり

 東京・府中市の郷土の森博物館のあじさいまつりに出かけた。001
 
 広大な武蔵野の台地と多摩川の自然を利用した府中の自然と歴史に関するテーマパークになっている。
 江戸から明治、大正期の建物を移築復原した建物博物館にもなっている。017

 武蔵野に多い胸掛け式の水車を再現した水車小屋。
 府中にはこうした水車が数多くあり、精米や製粉などに利用されたそうだ。046 042

 旧府中町役場と旧府中郵便取扱所。町役場は大正10年に竣工したもので、大正デモクラシーの息吹を感じさせるモダンな建物。004 049

 薬屋を営んでいた旧島田家の住宅。
 明治21年に建てられた蔵造りの店。
 レトロな建物とアジサイがよく似合っていた。
 萱葺き屋根の農家も。創建は江戸時代後期にさかのぼるそうだ。

 もちろん、1万株のアジサイも綺麗に咲き誇っていた。006 018008_2 033_2 035_2 039_2 

|

« 夏至 | トップページ | 小暑 »

コメント

こんにちは♪
紫陽花祭り、お疲れ様でした。
1万株とか、凄いですね。
私が1番気に入った場所は水車小屋を背景にして紫陽花が咲いているところです。とても雰囲気がありますね。
所で紫陽花の季節が済んだら、何が咲くんでしょうか。気になります。

投稿: ソナタ | 2013年7月 1日 (月) 17時49分

ソナタさん 今晩は。
初めて行った場所でしたが、レトロな建物と紫陽花を意識して撮りました。

今年も半分終わりましたね。
次はユリ、そして、ヒマワリと移っていくのでしょうか。

投稿: KUBO | 2013年7月 1日 (月) 20時21分

府中郷土の森あじさいもあるんですね。
私は以前梅のはなの咲く頃にいきました。
梅も沢山あって何しろ広いのでびっくりしました。梅にはメジロがむらがっていましたよ。あじさいもあまり余計な手を入れず自然のままってかんじがします。日本古来の花の色でとても風情がありますね。水車のある風景は貴重ですね。五日市の黒茶屋ごぞんじ?あそこにはとても大きな水車がありましたが未だ有るかしら。8月はサギ草がさきますね。楽しみにしています。


投稿: とも子 | 2013年7月 6日 (土) 12時45分

とも子さん 今晩は。
私も初めてで、その広さにびっくりしました。
梅も有名ですね。
黒茶屋には以前、一度行ったことがあります。
たまにはああいう贅沢もいいですね。

梅雨も明けました。
これから、暑い日が続くことでしょう。
お互い、熱中症には気をつけましょう。

投稿: KUBO | 2013年7月 6日 (土) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/57703251

この記事へのトラックバック一覧です: 府中・郷土の森のあじさいまつり:

« 夏至 | トップページ | 小暑 »