« 猛暑続く | トップページ | 昭和記念公園のヒマワリ »

2014年7月31日 (木)

ある一日(16)

明日からは早くも8月である。
8月というと、毎年のことながら終戦のことが思いだされる。
直接戦争には参加してないが、悲惨な思いは脳裏から離れない。
以降、我が国は「平和主義」に徹してきた。
まぎれもなく、正しい道である。
ところが、昨今その道筋があらぬ方向に向きつつあるような気がしてならない。
しっかりした道筋を守っていくのは当然のことながら、国民の義務であろう。

このところ、ひところのような気が狂いそうな暑さは遠のいたような気がする。
窓から入ってくる風も涼しげな感じ。
Cimg0303_800x600_2
昨夕、家からイワシ雲がのぞかれた。
秋の季語であるが、やはりまだまだ早そうだ。

|

« 猛暑続く | トップページ | 昭和記念公園のヒマワリ »

コメント

今晩は!
そうですね。私は終戦時にはまだ小さかったので、戦争の事は知識として学んで来ただけですが、集団的自衛権の問題には物凄く危惧を感じています。
今の内閣は、多勢に無勢で、国民感情を軽視して暴走していますね。
どこへ行くのか、全く不安です。

鰯雲がもう出たのですか?

投稿: ソナタ | 2014年8月 1日 (金) 02時51分

”一強多弱”の現状においては、特定秘密保護法の制定、集団的自衛権の問題などまさに一強のやりたい放題の感がありますね。
そんなところに国民の不安が広がります。
でも、民主政治では最終的には多数決にしたがわざるをえません。
では、その多数を作ったのは誰かというと、それは我々国民なのですね。
そういう自覚を我々一人一人が持って政治に対峙していかないと、取り返しがつかないことになりかねません。

投稿: KUBO | 2014年8月 1日 (金) 14時27分

再度、コメントします。
全くKUBOさんの仰る通りです。
国民が選択するための情報が全て公開されて、初めて民主主義が成り立つと思いますが、現状では国民が主体的な判断をする情報が隠されているようでなりません。
マスコミの危機も感じています。
玄奘は名ばかりの民主主義と形だけの選挙になっていると思うのですが、違ったらご指摘下さい。

投稿: ソナタ | 2014年8月 2日 (土) 22時08分

ソナタさん 今日は。
こちらはまた暑さがぶり返し、猛暑日が続いています。

さて、主権者である我々が政治に端的に参加できるのは選挙を通じてです。
2009年7月の総選挙で民主党が政権を取り、鳩山内閣が成立しました。
くるくる変わる自民党政治に不安を感じたからにそういありません。
キラキラ光るマニフェストに国民は大きな期待を寄せました。
ところが、その民主党の政治はどうだったでしょう。
国民の期待はことごとく裏切られ、選挙口約にない消費増税が導入されました。
その結果、2012年の選挙では再び自民党が政権を取りました。
政治が安定しないことは、好ましいことではありませんが、国民の意思が反映できたことはそれなりに評価できると思います。

やはり、今後もしっかり政治を見きわめ、いつでも政権を交代させることができるんだぞ、という力を蓄えることが必要だと思いますね。
そのためには、しっかり学習して、自分なりの意見を持つことでしょうか。

投稿: KUBO | 2014年8月 3日 (日) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/60072895

この記事へのトラックバック一覧です: ある一日(16):

« 猛暑続く | トップページ | 昭和記念公園のヒマワリ »