« ある一日(17) | トップページ | 白露 »

2014年8月31日 (日)

行く夏

毎年のことながら、二つの原爆忌と敗戦忌という鎮魂の夏、も終わる。
さて、今年は気候の不安定が著しく、被害が続出した夏でもあった。
広島の土砂被害では未曽有の犠牲者が出、今も不明者の捜索が続く。
大雨や日照り不足が野菜の高騰を招き、生活を直撃している。
まさに、災害列島である。
炎天が似合う百日紅や夾竹桃も心なしか、元気が無かったような夏でもあった。

そんな夏も終わりを迎える。
行く夏を惜しむかのように、昭和記念公園ではサギソウが羽ばたいていた。
Cimg0379_800x600Cimg0399_800x600Cimg0413_800x600

|

« ある一日(17) | トップページ | 白露 »

コメント

お早うございます。
鷺草の花は、幽玄さを漂わせていますね。美しいです。

今年の夏は、日本だけでなく世界中で異常気象が起きたとTVで報じていましたね。
このまま地球の温暖化が進めば、豪雨、豪雪、旱魃、深層土砂崩れなどが頻発すると言っていたので心配していたら、娘に「50年後はもう生きていないのだから、心配する必要は無いのでは?」と一蹴されてしまいました。
(。・´_`・。)

投稿: ソナタ | 2014年9月 1日 (月) 09時28分

ほんと、異常気象の連続ですね。
環境破壊を続ける人間への大自然のしっぺ返しでしよう。
これは50年先どころか、明日かもしれませんよ。
まー、この年になると今更ジタバタしても、という気持ちにもなりますが。

投稿: KUBO | 2014年9月 1日 (月) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/60238424

この記事へのトラックバック一覧です: 行く夏:

« ある一日(17) | トップページ | 白露 »