« 69回目の終戦記念日 | トップページ | 行く夏 »

2014年8月22日 (金)

ある一日(17)

立秋もとっくに過ぎたというのに、猛暑が続いている。
一方、西日本や北日本は豪雨が続く。
とくに広島の土砂被害はひどい。
過去最大級の土砂災害といわれ、死者、行方不明者91人を数えている。
大半がお年寄りや子供ということで、明け方の発生で被害を大きくしたようだ。
一刻も早い不明者の救出が祈られている。

ところで、明日23日は24節季で処暑。
暑さが峠を越えて、後退し始める頃、とあるが、なんのなんの後退する気配は一向に感じられない昨今である。
でも、萩の花が咲いたり、赤とんぼが飛び始めたりするのももうすぐであろう。
Cimg0359_800x600
サルスベリが花をつけ、炎天下で一人、気をはいている。

炎天の 地上花あり 百日紅
    (高浜虚子)                
 

|

« 69回目の終戦記念日 | トップページ | 行く夏 »

コメント

お早うございます。
百日紅のの街路樹は初めて見ました。結構な大木になるんですね。
華やかで、残暑にうんざりしているKUBOさんの気持を少しやわらげてくれるのではないですか。
高浜虚子の歌も良いですね。

涼しい初秋が早く来ますように…

投稿: ソナタ | 2014年8月24日 (日) 06時33分

ソナタさん 今日は。
炎天下、この花を見ると本当に活気付けられます。
そちらもすっきりしない天気が続いているようですが、お変わりありませんか。
アンバランスな列島の夏ですね。

投稿: KUBO | 2014年8月24日 (日) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/60190625

この記事へのトラックバック一覧です: ある一日(17):

« 69回目の終戦記念日 | トップページ | 行く夏 »