« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月23日 (火)

秋分

今日23日は24節季で秋分。
昼と夜の長さがほぼ等しくなる。
また”暑さ寒さも彼岸まで”の彼岸の中日でもある。

この日は朝からすっきりした秋晴れ。
Cimg0468_800x600湿度38%、最高気温26度という清々しい天気に。
まさに”天高く、、、”の秋である。

彼岸の中日ということで墓参りの代わりに仏壇に線香をたいて祈る。

昨日は3か月ぶりの検診で病院に。
主治医のS先生とも久方ぶり。
異常はなく、次の予約をして別れる。
11月末で満5年になる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

句会から

(7月)
お題 「真ん中」
 
〇右左 あれど真ん中 行く勇気 (2点)
(人が何といっても信念をもって、勇気がいりますね)
〇お二人で 真ん中歩む 傘寿かな (0点)
(両陛下、ご立派です)
「枕」
〇たらちねの 母まで出るが あと思案 (1点)
(まくら言葉はさっと出るが、後がねー)
〇膝まくら 今じゃあーんで 介護食 (3点 内秀句1)
(先生 明日は我が身、と選びました)
選んだ秀句
〇退院の 布団へ枕 ボンと載せ (11点 先生2点句)
(「ポンと載せ」に退院の嬉しさと安堵感がよく出ています。

8月
お題 「水」
〇原爆忌 水という声 忘れまじ (6点 うち秀句1)
(8月になると毎年のことながら、二つの原爆忌が頭に浮かびます)
〇打ち水の 香り漂う 宵の道 (1点 先生秀句)
(ホッとする夕暮れ、あの香りはもう夏の風物詩ですね)
「みっちり」
〇みっちりと 仕込んだはずが 手を咬まれ (8点 会長3点句)
(飼い犬に手を咬まれたりして)
〇みっちりと 見返しもせず 合否決め (0点)
(都立高校の入試で採点ミスが目立ちました。若者の一生のことですから)
選んだ秀句
〇念いれる 車内化粧に ただ見とれ
(傍若無人といいますか、ただただ唖然とするばかり)

9月
お題 「昔」
〇その昔 命奪った 赤い紙 (9点)
(先生添削 〇赤紙に 命を託す その昔 赤い紙ではなく、赤紙です)
*一片の紙切れを強調したくて赤い紙、としたのですが、、、
〇昔はねー そんな話を する歳に (5点)
(いつの間にか自分もそんな歳に)
「結ぶ」
〇ネクタイも 白と黒とで 用が足り (5点)
(ネクタイもとんと、締めなくなりました。結婚式と葬式ぐらいですか)
〇縁結ぶ 神様どこに いるのかな (1点)
(ふと、そんなことを思いました)
選んだ秀句
〇つい見栄で 昔話に 化粧する (16点秀句2、先生2点句)
(よくありますね。薄化粧でしょうが)
*9月はベストテン入りでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

ある一日(18)

今日9月15日は敬老の日。
おー15日ね、と敬老の日を実感した。
このところ、敬老の日を9月の第三月曜日に変えたため、毎年日が変わり、実感がわかなくなった。経済的効果を狙って連休をつくったそうだが、祝日の意義を考えているのか、と毎年疑問に思っていた。できることなら、元に戻してもらいたいものだ。
1月15日の成人の日、10月10日の体育の日しかりである。

ところで、毎年この日が近くなると老人に関するニュースが多くなる。
その一つ、100歳以上の高齢者だが、この15日で全国で5万8820人になるそうだ。これは1971年(339人)から44年連続で過去最多を更新しているとのことだ。
川柳の 百歳を超えれば誰も偉い人 も怪しくなってきた。
まー”敬老”が”軽老”にならぬことを祈るばかりだ。

この日、孫坊主と孫娘から爺ちゃん、婆ちゃんに甘いお菓子とおめでとうメールが届いた。こればかりは、理屈抜きで嬉しいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

白露

今日8日は24節季で白露。
草の葉に白い露が結ぶ頃である。
夜の間に大気が冷え込み、草花に朝露が宿ることから名づけられた。
太陽が離れていくため、空が高くなるなど本格的な秋の到来が感じられる頃である。
日中はまだ暑さを感ずるが、朝夕の涼しさの中に肌寒さも感じ始める頃でもある。

この日も朝からの曇り空の中に”白露”を思わせる涼しさ。
最高気温も24度と、つい先ごろの猛暑日がウソのような陽気となった。
またこの日は中秋の名月。
旧暦の8月15日で年によって違い、今年はことのほか早く、38年ぶりの早さだとか。
さて、その月の年齢だが、なんと約45億歳とのことだ。
はてしない宇宙のロマンにただただ、驚くばかりである。
人間のなんと小さなことか。
天気が怪しいが、今夜はその45億歳をじっくり味わってみようか。

Cimg0442_800x600ベランダのヤブランがいつか知らぬ間に花を付けていた。
ここにもそっと秋が近づいていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »