« 白露 | トップページ | 句会から »

2014年9月15日 (月)

ある一日(18)

今日9月15日は敬老の日。
おー15日ね、と敬老の日を実感した。
このところ、敬老の日を9月の第三月曜日に変えたため、毎年日が変わり、実感がわかなくなった。経済的効果を狙って連休をつくったそうだが、祝日の意義を考えているのか、と毎年疑問に思っていた。できることなら、元に戻してもらいたいものだ。
1月15日の成人の日、10月10日の体育の日しかりである。

ところで、毎年この日が近くなると老人に関するニュースが多くなる。
その一つ、100歳以上の高齢者だが、この15日で全国で5万8820人になるそうだ。これは1971年(339人)から44年連続で過去最多を更新しているとのことだ。
川柳の 百歳を超えれば誰も偉い人 も怪しくなってきた。
まー”敬老”が”軽老”にならぬことを祈るばかりだ。

この日、孫坊主と孫娘から爺ちゃん、婆ちゃんに甘いお菓子とおめでとうメールが届いた。こればかりは、理屈抜きで嬉しいものである。

|

« 白露 | トップページ | 句会から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/60319012

この記事へのトラックバック一覧です: ある一日(18):

« 白露 | トップページ | 句会から »