« 秋分 | トップページ | 寒露 »

2014年10月 3日 (金)

ある一日(19)

10月も3日が過ぎた。
このところ広島の土砂災害、御嶽山の噴火と大きな自然災害による犠牲が相次いだ。無慈悲な不条理の出来事としかいいようがない。

この日は朝から秋晴れ。
気温も30度近くまで上がった。                                  

家の近くの公園を散歩していたらどこからともなくあの芳醇な香りが。
思わず大きく吸い込んだら、秋が体中に広がっていく感じであった。
Cimg0588_800x600
そう、金木犀がしっかり花を付けていたのである。
春の沈丁花と並んで季節の香りを律儀に届けてくれる。
なぜかその香りを味わっただけで、しばし幸せ感にひたった。

隣接する市民会館で開かれている瀬戸豊彦さんの写真展をのぞいた。
多摩川を中心に秋の紅葉、冬の雪景色、春の桜と、素晴らしい迫力のある写真の数々に感動しきりであった。
帰って彼の「昭和記念公園の四季」なる写真集を通販で申し込んだ。

|

« 秋分 | トップページ | 寒露 »

コメント

こんにちは♪♪
漂ってくる花木の香りは、何とも心地良いものですね。残念ながら沈丁花も金木犀もこちらには無くて…
我が家では、今、薔薇の香りが庭に漂っている所です。

昨日から小雨が降っています。台風の予報も出ていますね。
爽やかな秋になって欲しいです。

投稿: ソナタ | 2014年10月 4日 (土) 09時52分

ソナタさん 今日は。
バラの香りがいっぱいですか。
こちらもぼつぼつ秋バラが見ごろを迎えます。
台風も縦断しそうですね。

投稿: KUBO | 2014年10月 4日 (土) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/60414492

この記事へのトラックバック一覧です: ある一日(19):

« 秋分 | トップページ | 寒露 »