« 初雪と初氷 | トップページ | 大寒 »

2016年1月17日 (日)

「時おりの言葉」(2)

 馬の耳に念仏、馬耳東風、馬が合う、生き馬の目を抜く、馬齢を重ねる、馬脚をあらわす、じゃじゃ馬、人間万事塞翁が馬、、、
(2014.1.19)
 その他猫に小判、豚に真珠、犬も歩けば棒に当たる、、、など動物を引用した言い回しや諺が多い。
 今年の干支申も猿も木から落ちる、猿芝居、猿智恵、猿まねとかんばしくない言い回しが多く、目を剥いてキーキー怒っているかもしれない。
まー特定の人間を使ってこんなことを言うと物議を醸すかもしれないが、動物ではご愛敬といったところか。中には思い当たる人もいるかもしれないが。

|

« 初雪と初氷 | トップページ | 大寒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/63079808

この記事へのトラックバック一覧です: 「時おりの言葉」(2):

« 初雪と初氷 | トップページ | 大寒 »