« 「時おりの言葉」(1) | トップページ | 初雪と初氷 »

2016年1月 6日 (水)

小寒

 今日6日は24節気で小寒、寒の入りである。
冬の寒さが一番厳しい時季になる。
ところがである。今年は元日から穏やかな日が続き、4月上旬の気候とか。
文字通りの新春で、地球温暖化などという言葉は使いたくない気持ちである。
しかし、この日から”寒”、節分までは寒い日が現れるであろう。

 ところで、寒というと、白装束で身を包み、団扇太鼓を打ち鳴らしながら冬の夜空の中を歩く修行僧の一団を思い出す。
いわる「寒行」である。
小さい頃の記憶だが、この一団が怖くて、太鼓の音が聞こえると部屋の隅で小さくなっていたものだ。
言うことを聞かないと、母から「寒行が来るよ」と言われると、てき面だったそうだ。
 そんなことをフト思い出した。

Cimg2079_640x480 穏やかな正月。
色彩の乏しい冬枯れの中で、艶やかな真っ赤な実の万両が春を感じさせている。

|

« 「時おりの言葉」(1) | トップページ | 初雪と初氷 »

コメント

こんにちは♪♪
当地、今朝の最低気温は-12℃だったようです。最高も-4℃程度とか。やはり寒くなって来ました。
1日中気温が低いので洗濯物を外に干しても乾かずに凍り付いてしまいます。仕方なく室内で干しています。

寒行ですが、心臓麻痺を起したらどうするのだろうか、精神主義ではどうにもならない事も多いのにと思いますね。

投稿: ソナタ | 2016年1月11日 (月) 10時06分

ソナタさん 今日は。
-12度ですか。
想像がつきません。
こちらもやはり寒に入って寒さも増してきましたが、まだ氷点下は記録していません。
明日は青梅のだるま祭り、出かけてみようと思っています。

投稿: KUBO | 2016年1月11日 (月) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/63014939

この記事へのトラックバック一覧です: 小寒:

« 「時おりの言葉」(1) | トップページ | 初雪と初氷 »