« 時おりの言葉(3) | トップページ | 時おりの言葉(4) »

2016年2月 4日 (木)

春分

春分ー二十四節気の始まりである。
春の気が初めて立つ頃で、この日から”春”になる。
まだまだ寒い日は続くだろうが、冷たい風の中にも、草木は芽を出し始め、少しずつ春の兆しが見えてくる。
Cimg2109_640x480
家の鉢植えの春ばらも綺麗に咲き始め、春の香りを漂わせている。

ところで、首都圏の私立中学の入試がスタートし、400校(定員約4万1千人)に、約4万5千人が挑戦しているそうだ。
孫娘もその内の一人で、当方外野とはいえ、やはり気が休まらぬ日が続いた。

|

« 時おりの言葉(3) | トップページ | 時おりの言葉(4) »

コメント

こんにちは♪♪
何と素敵な色の薔薇でしょうか。
見ていて飽きないですね。
当地、今朝の最低気温は、何と-17度だったそうです。今冬最低です。
朝からずっとストーブを焚いていますが、今は灯油が安いので少し助かっています。

お孫さん、合格する事でしょう。心配要らないと思いますが。
又同じ締めくくりです。春が待ち遠しいです。

投稿: ソナタ | 2016年2月 7日 (日) 16時36分

ソナタさん 今晩は。
なんと、マイナス17度ですか。想像すらできません。こちらも時折氷点下1,2度になりますが、それでも震えます。

孫娘も第二志望ですが、合格しホッとしました。
今日家族で見えて保証人を頼まれました。
中高一貫のため、「6年間保証人になるんではおちおち死ねないな」などと冗談?を言って祝ってあげました。

投稿: KUBO | 2016年2月 7日 (日) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/63164201

この記事へのトラックバック一覧です: 春分:

« 時おりの言葉(3) | トップページ | 時おりの言葉(4) »