« 時おりの言葉(8) | トップページ | 句会から »

2016年3月20日 (日)

春分

 24節気で春分。
 ”暑さ寒さも彼岸まで”の彼岸の中日である。
 この日を境に日が徐々に長くなっていく。
 春の気配が如実に感じられ、あちこちから桜の便りが。
 自然の素晴らしさが実感できる季節の始まりである。

 家の鉢植えのアマリリスが綺麗な花を付け始めた。Cimg2151_640x480
 球根から花茎を長く伸ばし、その先端に赤字に白の縦じまの花を咲かせている。可憐な愛らしい響きを持った名とは反対にダイナミックな美しさを感じさせる。

|

« 時おりの言葉(8) | トップページ | 句会から »

コメント

素敵に咲きましたね。
我が家のも同じ様な花のだと思いますが、管理が悪く、今春は咲きそうにありません。
律儀に毎年花を咲かせる植物のエネルギーには励まされます。
やっと訪れたこれからの季節を、存分に楽しみたいです。

投稿: ソナタ | 2016年3月23日 (水) 10時27分

ソナタさん 今日は。
茎だけの面白い花ですね。
今は一茎に6輪ほどが競い合って咲いています。自然の妙を感じます。
もっとも世話をしているのは私ではありませんが。
東京地方も開花宣言が出され、桜も色ずき始めましたが、今日は真冬に逆戻りの陽気。
ま、こうして春が呼ばれるのでしょうが。

投稿: KUBO | 2016年3月24日 (木) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/63370949

この記事へのトラックバック一覧です: 春分:

« 時おりの言葉(8) | トップページ | 句会から »