« 啓蟄 | トップページ | 時おりの言葉(8) »

2016年3月 9日 (水)

時おりの言葉(7)

 菜の花が揺れ、桃が咲いて、遠くには雪解けの山並み。
 定番の春景色が冬のモノトーンの殻を割る。

 (2012.3.1)
 こういう情景が間もなく見えてくる。
 写真や絵ではなく、文字で表されると、その景色が際限ない広がりを見せてくれる。

|

« 啓蟄 | トップページ | 時おりの言葉(8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/63321685

この記事へのトラックバック一覧です: 時おりの言葉(7):

« 啓蟄 | トップページ | 時おりの言葉(8) »