« 時おりの言葉(25) | トップページ | 秋分 »

2016年9月18日 (日)

時おりの言葉(26)

多数決の力を武器にした今日の政治のあり方は決して人に幸せをもたらさない。
(2015.9.18)

安保法制が参院で強行採決され、成立したのは昨年の9月19日未明であった。

集団的自衛権の行使を閣議決定で認めるなど右傾化が進む現政権に批判の声も大きい。

本音では「法案に問題あり」と語る議員はいたが、公の席で声を上げない。多様な議論を交せない政党の将来は暗い。

みんなが、それでいいと思うとき、民主主義は容易にファシズムに転化しやすい。

先日の川柳句会(お題は数)で小生の
  〇数だけが罷り通って民主主義
が最高点を取った。

|

« 時おりの言葉(25) | トップページ | 秋分 »

コメント

こんにちは♪♪
KUBOさんの最高点の句、皆さんが納得されたからでしょうね。

民主主義は、徹底した情報開示と議論がなされ、国民がそれを共有しないと、多数派が強権を持つ事になりますからね。
危うさを知らないと駄目ですね。

投稿: ソナタ | 2016年9月18日 (日) 16時58分

ソナタさん 今晩は。
民主主義の原則は最大多数の最大幸福でしょうが、一たび選挙で勝てば何をしてもいいわけではありませんよね。
いろいろな問題があるわけですから、その都度しっかりした議論が必要です。

投稿: KUBO | 2016年9月18日 (日) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/64220611

この記事へのトラックバック一覧です: 時おりの言葉(26):

« 時おりの言葉(25) | トップページ | 秋分 »