« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月30日 (金)

時おりの言葉(36)

おぼろに霞む春の月、涼しく光る夏の月、爽やかな秋の月、それらと違って冬の月には凄(すご)みがある。
(2013.12.28)

月も違った顔を見せながら一年が終わる。
よくしたもので、時間とは有り難いものである。
荷車を押すように力を込めなくても自然に流れてくれる。

ところで、年の初めにこの一年を私たちはどんな表情で振り返ることになるのか。眉間(みけん)のしわと目尻のしわのどちらが多く刻まれているか、そんなことを書いた気がする。

はたして、どちらが多かったでしょうか。
来る年は文句なく、目尻のしわが多からんことを。

皆さまどうぞ良いお年を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

句会から

10月
お題 「それから」
〇地下に埋めそれからなんと十万年 (2点)
(原発の廃棄物処理にこれだけの気が遠くなるような時間がかかる)
〇それからに門にこころに猫くわえ (0点)
(漱石の4作品が揃いましたが、それから(明42)、門(明43)、こころ(大3)、猫(明38)なので、付け加えられた先輩の猫が怒っています、、、という評を頂いた。時系列に並べたわけではないが”猫”の題名が長かったので苦肉の策だったが、勉強になりました)

「揃う」
〇この歳で揃いのシャツはやめてくれ (1点、先生1点)
(この歳でペアルックもないですね)
〇薄くなり揃えるだけと散髪に (4点)
(わざわざことわらなくてもいいのに)

私の選んだ秀句 「それから」
〇ポケットに入れたのまでは覚えてる (6点秀句1、先生1)
(で、それから・・・?)

11月
お題「耐える」
〇喜寿すぎてあれもこれもとよく耐えた (1点)
(いろいろありましたね)
〇このごろはおしんという名忘れられ (0点)
(若い人はおしんて誰、、、)

「対岸」
〇かの国は核ミサイルをもて遊び (1点)
(俺たちも持っているぞ、といきがって)
〇対岸の火事と安心しておれぬ (1点)
(射程距離に入っていますものね)

選んだ秀句「耐える」
〇どちらかが耐えて夫婦をやってます (9点秀句3 先生2点句)
(そんなものかもしれませんね)

12月
お題「チャンス」
〇ライバルが長期病欠さていかに (1点)
(喜んでいいのか悲しんでいいのか)
〇チャンスだが対処次第でピンチにも (1点)
(そこが難しいところ)

「知恵」
〇成り行きにまかせ生きるも老いの知恵 (11点秀句1、先生1点)
(いまさらじたばたしてもねー)
〇知識だけ頼るでなくて知恵使え (0点)
(これも老いの知恵か)

選んだ秀句「知恵」
〇肉体も知恵も枯れたがまだ元気 (3点秀句1)
(お互いさま)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

冬至

昨21日は24節気で冬至であった。
北半球では一年の間で、昼が最も短く、夜が最も長くなる日。

厳しい寒さと共に年の瀬を迎える頃であるが、この日は季節はずれの暖かい冬至であった。
東京地方は最高気温は16度、11月中旬から下旬並みの陽気であった。

Cimg2780_640x480ベランダからの朝焼けも美しく、冬至に天気がよければ、翌年は豊作だという言い伝えがある。よいことは信じてみよう。

いづれにしても、これからは、日一日と日が長くなっていく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

時おりの言葉(35)

「よむ」ということ。「数をかぞえる」これが原義であろう。「秒読み」「票を読む」「鯖(さば)を読む」の表現に残る。
(2015.12.16)

ほかに外に現れたもの、内に秘められたもの、意味を探るのも「よむ」こと。

隠れた真意をくみとり「「行間を読む」、世の動きを見定め「風を読む」、身近な人を思い「心を読む」、心の奥を見通し「腹を読む」、そして空気も読む、日本語というのは実に面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

時おりの言葉(34)

紅葉日の全国平均はここ50年で18日も遅くなっている。温暖化の傾向が続けばクリスマスや正月に紅葉狩(もみじがり)という異変も各地で生じかねない。
(2015.12.3)

(化石燃料の消費が飛躍的に増えた。そして今温暖化による危機が世界を覆う。極地の氷は解け、海面は上昇し、洪水や干ばつが多発して新たな貧困と紛争を生む。

73億人の地球、空や海の包容力にいつまでも甘えられぬ。

紅葉が遅くなったのもその一つであろう。
Cimg2769_640x480 先日(12月8日)行った東京・日野市の高幡不動尊でもまだ紅葉が見られた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

大雪(たいせつ)

今日7日は24節気で大雪。
平野にも降雪のある時期で、全国的に冬一色になる。

一般にこの節気は実際の陽気より一か月余りのずれがあるが、今年は11月の小雪の時期に関東地方は54年ぶりの初雪を見た。

さらにこの日も朝からどんよりした曇り空で、全国的に今シーズン一番の冷え込みとなった。

東京地方も最高気温が11.2度。本格的な冬の到来を思わせた。

昨日近くの公園を散歩したらすっかり初冬の雰囲気。
Cimg2759_640x480人影もまばらであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »