« 冬至 | トップページ | 時おりの言葉(36) »

2016年12月29日 (木)

句会から

10月
お題 「それから」
〇地下に埋めそれからなんと十万年 (2点)
(原発の廃棄物処理にこれだけの気が遠くなるような時間がかかる)
〇それからに門にこころに猫くわえ (0点)
(漱石の4作品が揃いましたが、それから(明42)、門(明43)、こころ(大3)、猫(明38)なので、付け加えられた先輩の猫が怒っています、、、という評を頂いた。時系列に並べたわけではないが”猫”の題名が長かったので苦肉の策だったが、勉強になりました)

「揃う」
〇この歳で揃いのシャツはやめてくれ (1点、先生1点)
(この歳でペアルックもないですね)
〇薄くなり揃えるだけと散髪に (4点)
(わざわざことわらなくてもいいのに)

私の選んだ秀句 「それから」
〇ポケットに入れたのまでは覚えてる (6点秀句1、先生1)
(で、それから・・・?)

11月
お題「耐える」
〇喜寿すぎてあれもこれもとよく耐えた (1点)
(いろいろありましたね)
〇このごろはおしんという名忘れられ (0点)
(若い人はおしんて誰、、、)

「対岸」
〇かの国は核ミサイルをもて遊び (1点)
(俺たちも持っているぞ、といきがって)
〇対岸の火事と安心しておれぬ (1点)
(射程距離に入っていますものね)

選んだ秀句「耐える」
〇どちらかが耐えて夫婦をやってます (9点秀句3 先生2点句)
(そんなものかもしれませんね)

12月
お題「チャンス」
〇ライバルが長期病欠さていかに (1点)
(喜んでいいのか悲しんでいいのか)
〇チャンスだが対処次第でピンチにも (1点)
(そこが難しいところ)

「知恵」
〇成り行きにまかせ生きるも老いの知恵 (11点秀句1、先生1点)
(いまさらじたばたしてもねー)
〇知識だけ頼るでなくて知恵使え (0点)
(これも老いの知恵か)

選んだ秀句「知恵」
〇肉体も知恵も枯れたがまだ元気 (3点秀句1)
(お互いさま)

|

« 冬至 | トップページ | 時おりの言葉(36) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/64691132

この記事へのトラックバック一覧です: 句会から:

« 冬至 | トップページ | 時おりの言葉(36) »