« 大寒 | トップページ | 立春 »

2017年1月28日 (土)

時おりの言葉(3)

<三猿の逆を生きんと老いの春>
(2016.1.11.朝日俳壇より ややこしい世の中である。見るべきものを見、聞くべきことを聞き、言うべきことを言わねばならぬ。
我関せずでは、世の中どうなってしまうかわからない。)

<下向いて世の中見ないスマホたち>
(2016.1.13.朝日川柳より 参院選で改憲派3分の2と首相。目を上げたらたいへんな世の中になっているかも。)

<消費者が処理をしていた廃棄物>
(2016.1.20.天声人語 有名カレーチェーンが廃棄物処理業者に処理を委ねた冷凍のカツが横流しされ店頭で売られていた。異物混入の疑いのある商品だ。こんなものを食べさせられたらたまりません。)

|

« 大寒 | トップページ | 立春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97856/64819856

この記事へのトラックバック一覧です: 時おりの言葉(3):

« 大寒 | トップページ | 立春 »