« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月27日 (月)

時おりの言葉(8)

温暖化や都市化の影響で身近な生き物が最近見られなくなっている。
(2016.3.5)
この5日は24節気で啓蟄であった。冬ごもりしていた虫たちが動き出す時期とされていたが、はたして動き出したものかどうか。

気象庁は1953年から、季節の移り変わりを動植物の様子でみる「生物季節観測」を行っているが、近年トノサマガエルやホタル、ヒグラシは休止、東京管区気象台はウグイス、ツバメ、シオカラトンボ、アブラゼミ、ヒグラシの5種にしぼっている。しかし、ウグイス、ヒグラシは初鳴きが確認できていない。

こうした試みもだんだんなくなっていくのかもしれない。
季節の移ろいを自然の中に感じられなくなるというのは何とも味気なく寂しい思いにさせられる。

話は全く変わるが毎年恒例の高校生による巨大貼り絵が今年も市役所のロビーに展示された。
Cimg2861_640x480_2
今年のテーマは「和を想(おも)い、環(わ)を繋(つな)ぐ」。
題材は、黒田清輝の「舞子(まいこ)」とゴッホの「タンギー爺(じい)さん」。
力強い作品が周囲を圧倒していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

春分

今日20日は24節気で春分。
昼と夜がほぼ同じ長さになる。
これからは日一日と日が長くなり、日に日に暖かく春めいてくる。
Cimg2877_640x480_2
ベランダのゼラニウムもきれいな色を付けてきた。
そこはかとなく春の香りも。

また、この日は彼岸の中日。
彼岸とは煩悩(ぼんのう)を脱した悟りの境地のこと。
三途(さんず)の川をはさんでこちら側(人間)の世界を此岸(しがん)向こう側(仏さま)の世界を彼岸と言うそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

時おりの言葉(7)

菜の花が揺れ、桃が咲いて、遠くには雪解けの山なみ。
定番の春景色が冬のモノトーンの殻を割る。

(2012.3.1)

花々が一斉にさきそろい、目にする風景はモノクロからカラーにパッと変化する。
そんな景観が広がりはじめた。

Cimg2870_640x480家の近くでは、早咲きの寒緋桜が満開。
ソメイヨシノのつぼみもふくらみ始めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

時おりの言葉(6)

こんな話がある。
理想の寿命をある調査で聞いたところ、最多は76~80歳で、平均寿命を下回った。「スーパー寿命」を目指す意欲はあまり強くないようだ。

(2016.2.20 体にたくさんのチューブをつけられて「ただ生きているだけ」という状態になっては意味がない。昔のように自然に死ぬのがうらやましい、(東京・50歳女性)という意見もあった。

ちなみに2015年の日本人の平均寿命は男性が80.75歳、女性は86.99歳となり、過去最高を記録している。
厚労省が掌握している主要7か国(G7)で日本は男女とも最も高く2番目は男性がスイスの80.7歳、女性はフランスの85.1歳だった。

日本人の平均寿命は第二次大戦後は伸び続けていると言うことだ。理想の寿命とのギャップをどう埋めていくか、贅沢な悩みと言うべきか。

*普段あたりまえに使っているものが、ある日突然使えなくなるとそれこそパニック状態になってしまう。
パソコンの話しである。数日前突然動かなくなってしまった。
やむなく専門家ににてもらったところ光回線の接続不良とのこと。
やれやれであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »