« 2017年6月 | トップページ

2017年7月 8日 (土)

句会から

4月
お題「直す」
〇サラセンを読んで我が句に手を入れる (1点)
(第一生命のサラリーマン川柳はさすが面白いですね)
〇我が娘かなお色直しに目を細め (4点)
(はるか昔のことを思い出しました)
「波」
〇金婚も大波小波かぶりつつ (4点)
(一口に50年と言ってもいろいろなことがあります)
〇何事も波があるよと負けおしみ (6点、先生2点句)
(波のせいにして)
当日題 
「マンガ」
〇子らでなく今は大人が漫画漬け (0点)
(分厚い漫画本をいい大人が一心腐乱に)
〇字かえあ絵へ記事スタイル変わりつつ (0点)
(文字離れに拍車が)
〇取り上げた漫画はなんと文学史 (0点)
(歴史ものなんか多くなりましたね、若者はとっきやすいのでしょう)
選んだ秀句
〇波風を立てし柳友旅立ちぬ (6点 秀句2)
(ずけずけものを言って感情を害する人もいましたが、味のある人でした。 合掌。)

5月
お題 「逃げる」
〇上司とは逃げるが勝ちとケンカせず (1点)
(これも処世術?)
〇被瀑国核禁会に姿消し (0)
(唯一の被爆国と言うのに)
「苦手」
〇またあいつ戦う前に負けている (5点)
(これぞ苦手意識)
〇トランプも朴も苦手は裁判所 (4点)
(大統領といえども)
当日題 「みっともない」
〇Mボタンかけるの忘れすまし顔 (0点
(少々品がなかったか)
〇満面に笑みであいさつだれだっけ (0点)
(よくありますよね)
〇人前で夫婦喧嘩をしてしまい (秀句)
(以後つつしまねば)
選んだ秀句
〇究極の逃げの一手はボケたふり (13点、秀句2、先生3点句)
(これでは追及できませんよね)

6月
お題 「塗る」
〇言い訳は恥の上塗りだけですよ (4点)
(正当化しようとしても無理)
〇塗りたくり年隠そうとしたが無理 (0点)
(厚化粧だけではねー)
「濡れる」
〇濡れ落葉粗大ゴミでは救われぬ (3点)
(一生懸命働いて定年退職したと言うのに)
当日題 「村」
〇なんとなく村という語の暖かさ (0点)
(そんな感じがするのですが)
〇党議だがムラに帰って本音吐き (0点)
(派閥に帰ると不満も出ます)
〇村八分するもされるもいやなもの (秀句1)
(仲間外れはねー)
選んだ秀句
〇会うと決め仕上げの紅をぐいと塗る (5点 秀句1)
(「ぐいと塗る」が効いている) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

小暑

今日7日は24節気で小暑。
梅雨明けが近づき、暑さが本格的になるころである。
衣食住のあらゆるものが夏向きに変わる。

九州北部では集中豪雨に見舞われ、大きな被害が出ている。
また、北、東日本ではこの日も、朝から気温が上昇し、午前中から真夏日になるところが続出した。

梅雨明けが待たれる昨今である。

Cimg3011_640x480鉢植えのアマリリスが綺麗な花を咲かせている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ