« 老人日記 2019年 | トップページ

2019年4月30日 (火)

老人日記(2019)

4月30日
朝から小雨の降る肌寒い天気である。
大型連休の最中であるというのに関東地方でも積雪があったという。
あいにくのことだ。
ま、年中連休の我が身にとってはあまり影響はないが。

さてこの日は平成最後の日。
現天皇はこの日をもって退位される。
日本国憲法下で象徴として即位した最初の天皇である。
象徴天皇はいかにあるべきかを模索した30年であったと思われる。
積極的に被災地に足を運び、国民と同じ目線で励まし、戦争犠牲者への慰霊の旅と、
象徴天皇制のあるべき姿を示してきた。
多くの国民は、そこまでしなくても、と思いながら感激したものだ。

もう一つ大切なことは、高齢により天皇の役目を果たせないと、退任を語りかけたことである。
第多数の国民もさもありなん、と暖かい目で同意を示していた。
政府もこれを無視できず一代限りと、特例法をつくり、これを承認した。
生前退位は200年ぶりとのことだ。

そして、翌5月1日には皇太子が令和天皇として即位する。
しかし、皇太子は現在59歳。
一般人では定年退職の歳である。
天皇は現憲法では現人神から人間になった。
当然尊重されるべき人権もある。例えば天皇定年制とか。
さらに憲法は両性の本質的平等をうたう。
女性天皇も可能である。

やはり、令和の年には皇室典範の抜本的改正が必要になってこよう。




 

|

« 老人日記 2019年 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老人日記 2019年 | トップページ