2017年4月 1日 (土)

句会から

1月
お題「机」
 〇ミカン箱机代わりにした時も (0点)
 (終戦直後でしょうか)
 〇締め切りだデスクの声に目が覚める (0点)
 (あの声には緊張しますね)
「伝える」
 〇糸電話君が好きだとそっと言い (2点)
 (そんな時代がありました)
 〇リストラを告げる上司も次は俺 (3点)
 先生添削
 〇リストラを告げる上司の不安顔
リストラの辞令を読む声も何となく元気がない。次は自分だとの思いか
当日題「不満」
 〇上みてもキリがないよねご同輩 (0点)
 〇遅刻して柔道をみて島触れず (2点句)
(来日のプーチン氏)
 〇数だけがそろえば議論そっちのけ (3点句)
(どうせ多数決で可決できるんだから)
選んだ秀句「伝える」
 〇伝聞についた尾ひれがよく育つ (15点 秀句4 先生1点)
(まったく正反対のことが伝わったりして)

2月
お題「ていねい」
 〇ていねいに書いた最後に間違える (9点 秀句2)
(せっかくここまできたのにねー)
 〇患者様そう呼ばれても客じゃない (8点 秀句2 先生1点)
(こっちは痛くて苦しんでいるのに)
「停止」
 〇原発も止まってわかるその功罪 (5点)
(原発がすべて止まっても電力不足は起こらないし、はたしてねー)
 〇人生もたまに止まってみるもよい (6点)
(肩の力をぬいて)
当日題「平日」
 〇平日を選んで旅に出る余裕 (0点)
(時間が有り余って)
 〇平日に目覚まし無しで起きる幸 (1点句)
(これも隠居の身の幸せか)
 〇平日の昼の電車ののどかさや (1点句
(ラッシュ時と比べるとまるで天国と地獄ですね)
選んだ秀句「ていねい」
 〇何かある妻が切り出す丁寧語 (14点 秀句3 先生1点)
(「ちょっとよろしいですか」なんて言われると、一瞬緊張しますね)

今回は計29点で最高点、ただし同点の人がおり提出順で第2位になりました。

3月
お題「友達」
 〇年一度賀状見ながら友思う (2点)
(あいつも元気しているようだな)
 〇このごろは一人一人と友が逝く
(この歳になるとだんだん寂しくなっていきます)
「途中」
 〇途中下車したくなるよなローカル線 (3点)
(新幹線ではこうはいきません)
 〇終活も途中でやめてあとは運 (4点)
(もう面倒になって)
当日題「星」
 〇星降る夜一人静かに友想う (0点)
(逝ってしまった友のことが思い出される)
 〇転倒し目から星とはこのことか (0点)
(痛いのなんのって)
 〇春場所を星取り表が待ちこがれ (0点)
(稀勢の里への期待)
選んだ秀句「友達」
 〇また一人友の訃報をきく寒さ (5点 秀句1)
(だんだんと友がいなくなる悲しさと寂しさ)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

句会から

10月
お題 「それから」
〇地下に埋めそれからなんと十万年 (2点)
(原発の廃棄物処理にこれだけの気が遠くなるような時間がかかる)
〇それからに門にこころに猫くわえ (0点)
(漱石の4作品が揃いましたが、それから(明42)、門(明43)、こころ(大3)、猫(明38)なので、付け加えられた先輩の猫が怒っています、、、という評を頂いた。時系列に並べたわけではないが”猫”の題名が長かったので苦肉の策だったが、勉強になりました)

「揃う」
〇この歳で揃いのシャツはやめてくれ (1点、先生1点)
(この歳でペアルックもないですね)
〇薄くなり揃えるだけと散髪に (4点)
(わざわざことわらなくてもいいのに)

私の選んだ秀句 「それから」
〇ポケットに入れたのまでは覚えてる (6点秀句1、先生1)
(で、それから・・・?)

11月
お題「耐える」
〇喜寿すぎてあれもこれもとよく耐えた (1点)
(いろいろありましたね)
〇このごろはおしんという名忘れられ (0点)
(若い人はおしんて誰、、、)

「対岸」
〇かの国は核ミサイルをもて遊び (1点)
(俺たちも持っているぞ、といきがって)
〇対岸の火事と安心しておれぬ (1点)
(射程距離に入っていますものね)

選んだ秀句「耐える」
〇どちらかが耐えて夫婦をやってます (9点秀句3 先生2点句)
(そんなものかもしれませんね)

12月
お題「チャンス」
〇ライバルが長期病欠さていかに (1点)
(喜んでいいのか悲しんでいいのか)
〇チャンスだが対処次第でピンチにも (1点)
(そこが難しいところ)

「知恵」
〇成り行きにまかせ生きるも老いの知恵 (11点秀句1、先生1点)
(いまさらじたばたしてもねー)
〇知識だけ頼るでなくて知恵使え (0点)
(これも老いの知恵か)

選んだ秀句「知恵」
〇肉体も知恵も枯れたがまだ元気 (3点秀句1)
(お互いさま)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

句会から

7月
お題 「四角」
 〇世の中は四角四面じゃ通らない (3点 先生1点、会長1点)
(歳をとるとだんだんわかってきますね)
 〇あの人はまめで四角でやわらかい (0点)
(豆腐に例えたんですが、、、)
「じっくり」
 〇じっくりと見直したけど誤字脱字 (3点)
(校閲は文章を読んではいけないと言われていますが)
 〇オバマ氏が被爆者抱いた手に光 (秀句1 3点)
(あの手の温もりの意味するものは)
私が選んだ秀句「四角」
 〇臨収が四角い顔を丸く変え (秀句2 4点)
(それは喜びますよね)

8月
お題 「滑る」
 〇受験生スキースケート手をださず (2点)
(受験生に滑るは禁句です)
 〇酒に酔い口滑らせて窓際に (1点)
(酒の勢いで上司の悪口を言ったりすると)
「数字」
 〇大国の銃野放しがテロを呼び (1点)
(先生 佳句だと思うが課題の「数字」との適合には? 少々悩ましい)
 〇数だけが罷り通って民主主義 (秀句1 先生3点句 14点、この日の最高点でした)
(与党が過半数を取っていても、強行採決は巌に慎むべきです)
私の選んだ秀句「数字」
 〇通帳に僅かの利子が印字され (秀句1 先生1点 6点)
(ゼロ金利時代ですね)

9月
お題 「正当」
 〇江戸っ子は孤立無援に投票し (1点)
(先日の都知事選)
 〇正当化すればするほど墓穴掘り (5点)
(言い訳はみにくいですね)
「せっかち」
 〇渋滞で止まるたんびに車線変え (3点)
(よくいますね。大差はないのに)
 〇せっかちに亀の動きを教えたい (先生2点句、会長人位、3点)
 (お手本にしたいですね)
私の選んだ秀句 「正当」
 〇文献でわが領土だとあちらでも (秀句1 4点)
(悲劇(戦争)は正義と正義のぶつかり合いとも)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

句会から

4月
お題「結婚」
〇 50年たてば空気のようになり (5点)
 (あってあたりまえ、なかったら大変)
〇 代議士も育児不倫で身が滅び (0点)
 (代議士も育児休暇で話題を呼んだが、不倫騒動ではねー)
「ゲーム」
〇 依存症人生までも破滅させ (5点)
 (遊びもほどほどに)
〇 アメリカはトランプゲーム花盛り (6点)
 (共和党の大統領候補になりました)
私が選んだ秀句
〇 五ヶ月をドレスで隠す母の智恵 (四点 秀句1)
 (まさに母の智恵ですね)

5月
「粉」
〇 年隠すために白粉ぬりたくり (2点)
 (涙ぐましい努力)
〇 そば粉こねごたくならべて悦に入り (4点)
 (そういう御仁がよくいますね)
「こっそり」
〇 妻の留守チビリチビリと昼の酒 (3点 先生1点)
 (これがまた格別ですよね)
〇 午前様ソッと帰るもけつまずき (4点)
 (大きな音を立てたりして)
選んだ秀句
〇 午前様こっそり帰宅妻鼾 (3点 秀句1)
 (そんなことなら気を遣わなくてもよかったのに)

6月
「探す」
〇 不明の機番号押して音探す (2点)
 (はてケータイどこえ置いたのだろう)
〇 ずり上げた眼鏡探して笑われる (2点)
 (おでこの上よ)
「さっぱり」
〇 床上げで無精ヒゲ剃り蒸しタオル (2点)
 (あー、さっぱりした)
〇 ローン終えホッと一息二息も (6点)
 (あー、やっと終わった)
選んだ秀句
〇 断捨離で未練さっぱり捨てました (10点 秀句1)
 (物だけでなく、あの人のことも・・・)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年3月28日 (月)

句会から

1月
お題 「からっぽ」
〇 大臣はメモだけ読んですまし顔 (1点 先生3点句)
(役人の書いたメモを読むだけの答弁、それで大臣が務まるのだから)
〇 財布みて下級老人実感し (1点)
(老後の生活の危機が叫ばれています)
「顔」
〇 顔に出す人ほどハラは黒くない (1点)
(正直な人ほど感情がすぐ顔に出ますね)
〇 顔パスがきいた呑み屋もいまはない (2点 先生1点句)
(今は昔の話です)
選んだ秀句
〇 兵馬俑昔の顔で引き出され (6点秀句2)
(兵馬俑と顔の発想が面白い)
2月
お題 「傷」
〇 誰も持つ一つ二つの心傷 (0点 先生1点句)
(これだけは人に言えないこと、ありますよね)
〇 傷ついた心いやした縄のれん (3点)
(こういうことありましたよね)
「教室」
〇 喜々として教室通う高齢者 (3点)
(暇とお金があるのでしょう)
〇 男性の料理教室花盛り (4点)
(よく見聞きしますが)
選んだ秀句
〇 教室が老人ホーム世も変わる (7点 秀句2)
(まさに少子高齢社会ですね)
3月
お題 「車」
〇 運転の免許返納する歳に (0点)
(事故を起こす前に)
〇 ブレーキをかけて人生ひと休み (7点)
(余生をゆっくりと)
「寛ぐ」
〇 鈍行にゆられてまずはワンカップ (11点 先生1点句、会長1点句)
(さーてと、、、)
〇 日向ぼこしながら読書これ至福 (3点 先生1点句)
(こんな時は本当に寛げますね)
選んだ秀句
〇 うっかりと乗って悔しい口車 (8点 秀句1 先生2点句)
(こういう車には乗りたくないですね)
今月は総合点4位でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

句会から

10月
お題 「うんざり」
〇もう二度と見たくないよネあの顔は (1点)
(好きぶ好きですが)
先生「あの顔は」の座五が惜しい。
添削 〇その顔でレギュラーでいるワイドショー
〇かみ合わぬ議論で時間かせいでる (6点)
(「もう十分議論を尽くしたので」、と強行採決の正当性への布石?)
「運動」
〇若者が久方ぶりに護憲デモ (秀句1 7点)
(安保闘争以来でしょうか)
〇平和へと老若男女声を上げ (1点)
(戦争への不安、これは理屈じゃーないですね)
選んだ秀句
〇うんざりの暑さに指を折る彼岸 (秀句1 5点)
(暑さ寒さも彼岸まで、もう少しの辛抱だ)

11月
お題 「縁日」
〇わたあめにヨーヨー買って手をつなぎ (0点)
(幼いころ、楽しみでしたね)
〇アセチレンガスの臭いが懐かしい (4点)
(昭和への郷愁でしょうか)
「エース」
〇珍しくスリーエースで総取りに (0点)
(たまにはこんなことも)
〇エースだといわれたことはなかったなー (1点)
(ほんと)
選んだ秀句
〇母の背で我が家のエース夢の中 (秀句1 9点)
(我が家では皇太子と呼んでいました)

12月
お題 「多い」
〇増えてますお金でなくて白髪です (4点)
(いらぬものだけ増えますね)
〇しわだけが多くなったと老夫婦 (3点)
(お互いさま)
「おまけ」
〇駄菓子屋のおまけ喜ぶ幼い手 (6点)
(ちょっとした物が嬉しかったですね)
〇大病しこれもおまけの人生か (3点)
(そんな気持ちです)
選んだ秀句
〇老々の介護が増える長寿国 (秀句1 9点)
(明日は我が身か)
今回は総合8位でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

句会から

7月
お題 「分ける」
〇七三に分けた時代もありました (3点)
(髪もふさふさでしたね)
〇憤懣を分けて都内にオスプレイ (1点)
 先生「都内」より「横田」のほうが基地もあり分かりやすい。
添削 〇憤懣を分けて横田にオスプレイ
(沖縄だけではありません、という政府の姿勢を示すためか)
「若い」
〇真冬でもソックスだけの女高生 (3点 先生1点)
(見ている方が寒くなります)
〇夢も見ず夜中も起きず熟睡し (2点)
(うらやましいかぎりです)
選んだ秀句 「分ける」
〇ケーキ切る包丁じっと見守る子 (8点 秀句1)
(かたずをのみながら)

8月
お題 「あらあら」
〇気付かないズボンのチャック開けたまま (5点)
(本人はすました顔をしていますが)
〇留守なのか干したフトンに俄雨 (10点)
(何とかしてやりたいけれど、マンションの10階ではねー)
「間」
〇ひと呼吸おいて怒りをさましたい (5点)
(肝心なことですが)
〇間髪を入れず一撃勝負あり (3点)
(ひるんではいけませんよね)
選んだ秀句 「あらあら」
〇黄信号盲導犬が止まらない (5点 秀句2)
(盲導犬といっても、犬ですからネー)
*23点で総合4位でした。

9月
お題 「一流」
〇三ツ星の味とはこんなものかいな (1点 会長2点句)
(やはり慣れたもののほうが、、、)
〇逸品と言われ食ったらそんな気も (6点)
(よくわかりませんが)
「椅子」
〇椅子取りのゲームはいつも立たされて (0点)
先生添削 〇椅子取りのゲームはいつも負けてやる
(いつも負けてやる、の方が強くなる。)
〇肘掛の椅子に座れて俺課長 (0点)
(おかしなもので、椅子だけはいつの時代も差別がありますね。)
選んだ秀句 「椅子」
〇車椅子押すのも後期高齢者 (先生3点句 14点 秀句4点 会長1点句)
(老老介護があたりまえの時代に、、、)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

句会から

(4月)
お題 「理想」
〇現実と理想の中で揺れ動き  (2点)
 (そんな葛藤が人生かも) 
  〇人は皆理想夢見て歳をとり (5点 先生3点句)
 (いつか知らぬ間にこんな歳になってしまい)
「リンゴ」
〇傷心がリンゴの唄で救われた (2点 先生2点句)
 (敗戦の殺伐とした皆の気持ちを和らげました)
〇この歌を聞くとひもじさ想い出す (3点)
 (空襲で焼け出され疎開していた当時、いつも腹を空かせていました)
選んだ秀句 
〇才たけてみめ美わしき妻いずこ (3点 秀句1)
 (〽妻をめとらば才たけて、みめ美わしく情けあり、、、

(5月)
「ルート」
〇時がたつだけで道すじつけぬ国 (2点)
 (のらりくらりが得意の北)
〇カーナビに頼って時間倍かかり (5点)
 (文明の力も時にはこんなことも)
「礼儀」
〇電話機にハイハイハイと頭下げ (2点)
 (無意識の内に)
〇餞別に土産忘れて赤っ恥 (0点)
 (恥をかかせた方です)
選んだ秀句
〇献金の迂回ルートはとめどない (9点 秀句2)
 (底抜けの政治資金の規正法)

(6月)
「ローソク」
〇ローソクの炎の中に父母を見た (2点)
 (フトそんな気が)
〇燈明がLEDじゃ味気ない (3点)
 (いくら経済的でもねー)
「老化」
〇優先の席にどっかり気兼なく (8点 秀句1)
 先生 気兼なく、の座五がもったいない
 添削 〇どっかりと優先席にいる白髪
 (これまでは優先席に座ると何か後ろめたいような気がしていたのですが、最近は大きな顔をして座っています。それだけ歳をとったと言うことでしょうか)
〇お目出度く忘れたことを忘れてる (4点)
 (長生きしますよ)
選んだ秀句
〇一本のローソクを吹くパパとママ (6点 秀句1)
 (幸せいっぱいのパパとママ)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

句会から

(1月)
お題「勇気」
〇嫌われる 勇気をそっと もらいたい (2点 先生秀句)
(「こんなことをいったら、、、」とついつい遠慮してしまうことがありますよね。でも、そんなことはおかまいなしにズケズケものをいう人もいて)
〇キモ試し 涙こらえた 幼い日 (2点)
(怖さこらえて)
「ゆっくり」
〇ゆっくりと 時が流れる 三が日 (4点 先生2点句)
(何も考えず、正月の醍醐味ですね)
〇ゆっくりと 余生楽しむ 日々至福 (6点秀句1)
(せめて余生はこうありたいですね)
選んだ秀句
〇茶をすする 客の憎さよ 並ぶ店 (5点秀句1)
(のんびり茶なんかすすってないで早く出ろよ!
こっちは30分も待っているんだ!)

2月
お題「欲」
〇買わなけりゃ 当たりませんと 買い続け (4点 先生秀句)
(欲の皮がつっぱって、損のしっぱなし)
〇百均で あれもこれもと 買いあさり (0点)
(安物買いの銭失い)
「よいしょ」
〇終活も かけ声だけで 進まない (1点)
(明日やれば、、、と一日のばし、2日のばして)
〇階段を ヨイショヨイショで 息が切れ (1点)
(歳は取りたくないものですね)
選んだ秀句
〇よいしょだと 解っていても 頬緩む (7点秀句2 先生3点句)
(人間いくつになってもね~)

3月
お題「ライバル」
〇喜寿過ぎて ライバル同志 友となり (1点 先生秀句)
(歳取るとまるくなるんですねー)
〇ライバルを 取り込み挙党 出来るかな (0点)
(代表選のライバルをノーサイドと要職につけたが)
「楽」
〇楽隠居 させてくれない この施策 (2点)
(消費増税、年金の目減り、介護報酬の引き下げ、、、と)
〇安閑と 本を読みつつ コップ酒 (0点 先生秀句)
(しみじみと楽しさを味わいますね)
選んだ秀句
〇現金は 喜怒哀楽を 知っており (6点秀句1)
(いろいろの場面があるでしょうね)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

句会から

(10月)
お題「メガネ」
〇サングラス外した顔があどけない (5点、先生秀句)
(こわそうだと思ったがなーんだ、まだ子供みたいだ)
〇バカ言うな眼鏡ずり上げいきりたつ (2点)
(こういうことはもう無くなりましたが)
「目立つ」
〇写真ではいつも真ん中足広げ (3点)
(こういうご仁、よくいますね)
〇目立たないようにしていて男上げ (3点)
(見ている人は見ています)
選んだ秀句 「目立つ」
〇チンドンヤ休みたくても目立ち過ぎ (4点 会長秀句)
(真っ白に塗りたくった化粧。派手な衣装ではおちおち休めない。思わずクスリ)

(11月)
お題「持つ」
〇よく持ったものだと思うこの夫婦 (2点、先生2点句)
(我慢、我慢)
〇この年になっても物が捨てられぬ (0点)
(断捨離も終活もできません)
「森」
〇森だけを見て木を見ない人もいる (0点)
(先生 木を見て森を見ずの諺を皮肉ったもので、添削のやりようがない)
〇元総理任期中より名前上げ (2点)
(森元総理、神の国発言でミソをつけたが、次の東京オリンピックでは頑張っている)
選んだ秀句 「持つ」
〇断捨離が出来ずにたまるゴミの山 (4点秀句2)
(「もったいない」からぬけきれませんね。ご同輩)

(12月)
お題「破る」
〇小説で障子破いて賞をとり (4点)
(先生 太陽の季節は、このシーンだけがウリでした)
〇破れ傘さして登校した日々も (2点 会長秀句)
(先生 蛇の目傘の破れた個所に膏薬を張り雨漏りを防いだ一本の傘に、他界した兄と一緒に通学したことを思う)
「槍」
〇横ヤリを入れて気がすむ御仁おり (1点)
(何かにつけていちゃもんをつける人、良い性格ではないですね)
〇突かないでたまには引いてみるもよい (4点)
(視点を変えるのも)
選んだ秀句 「破る」
〇客が来てご破算にした休肝日 (11点 秀句1 先生、会長2点句)
(よくありますね。これ幸いと)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧