2011年3月19日 (土)

大震災

 東日本の大震災から一週間がすぎた。
 今朝の報道によると、死者6911人、安否不明者18994人、避難者403975人と言う。未曾有な数字である。
 地震、津波に加えて原発からの放射能漏れも大惨事に追い討ちをかけている。
 犠牲者のご冥福をただただ祈るのみである。

 ところで、我が家の場合は、11階建ての5階に居住しているが、揺れはひどかったものの、幸い被害はなかった。
 ニュージーランドで地震に遭った中3の孫坊主は今度は港区の学校にいたが、下校の手段がなく、学校で一夜を明かしたそうだ。
 いつどこで起きるかわからぬ災害に、なすすべを持たぬ弱い存在を改めて実感してしまった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年5月31日 (火)

再び”禁煙デー”

今日は「世界禁煙デー」ということで、新聞も特集記事を組んでいた。
中でも、増え続ける「COPD」患者、という耳慣れない記事に目がいった。
COPDとは日本語訳で「慢性閉塞性肺疾患」といい、長期にわたる喫煙が主な原因で、徐々に肺機能が低下していく病気とか。別名「たばこ病」ともいうそうだ。
あな、おそろしや、である。
関連して、COPDのチェックリストというのもあった。次の5項目のうち3つ以上あてはまる人はCOPDの可能性があるとのこと。厳正にチェックしたところ、該当項目は2つであった。
私などは免疫ができているのかもしれないが、副流煙もリスクは同等とのことだ。注意せねばと思う。

話はかわるが、先日私の書き込みをみて、友人が「俺は依存症ではないぞ。自力本願だ」といってきた。いつでもやめられるが、やめようと思わないだけだ、と解釈した。でも、やめようと思わないこと自体、すでに依存症?では、とくだらぬことを考えたりしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月21日 (土)

世界禁煙デー

コンビニにたばこを買いに行って驚いた。なんとパッケージに警告文が大々的に載せられているではないか。(写真)05 曰く、「人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます」、「喫煙は、あなたにとって脳卒中の危険性を高めます」と。たばこの箱の面前にも3分の1強を使って同じような文面が。

たしかにたばこは害あって益なしといわれて久しい。国際的にみても同じで、国連の世界保健機関でも、「たばこ規制枠組条約」を採択し、わが国でもこの条約を批准している。このため、健康促進法も施行され、愛煙家は日々肩身が狭い思いをさせられているのも事実である。

もちろん他人に迷惑をかけることは厳につつしむべきで、分煙にも協力すべきであることはいうまでもない。でも、「嫌煙権」が認知されつつあるなかで、では「愛煙権」はと、つい身勝手なことを考えてしまう。ルールを守りながら、あとは自己責任でということだろう。

今月31日は「世界禁煙デー」とのこと。日本たばこ産業の今回の措置もそれに歩調を合わせたものだと思うが、40数年も確信犯であり続けるわが身は、何とも複雑な思いでもある。

| | コメント (2) | トラックバック (1)